ARTICLES
10 Article(s)
Document(s)
Title
本論文は,自動車産業の研究開発効率評価の費用効果分析において,部品種類数に関連する数値の支援的利用を提案し,その可能性をさぐるものである。研究開発管理会計における研究開発効率評価方法の費用効果分析において研究開発費用便益分析手法が存在する。そして,その手法の中で,理論的に適正な方法は利益指数法であるというひとつの結論が存在し,問題点として定性的要件の不足が指摘されている。本論文では,研究開発効率評価における,利益指数法の定性的要件の不足を支援するあらたな分析情報として,自動車産業がもつ製品群の部...
高機能で多様な製品を製品開発し続けることで,企業に大きな負担がかかることは否定できない。そして,その負担を軽減する技術として,製品を構成する部品種類数を削減する方法が存在する。これまでにも,設計部品図管理に優れるModular Design,部品群を生産ライン群と絡めて捉えるVariety Reduction Program,設備投資費の検討も行なうTypen und Teile などがその例として挙げられよう。これらの従来の部品種類数削減方法には,製造原価低減に関する問題点が存在し,その問題点...
高機能で多様な製品を製品開発し続けることで,企業に大きな負担がかかることは否定できない。そして,その負担を軽減する技術として,製品を構成する部品種類数を削減する方法が存在する。これまでにも,設計部品図管理に優れるModular Design,部品群を生産ライン群と絡めて捉えるVariety Reduction Program,設備投資費の検討も行なうTypen und Teile などがその例として挙げられよう。これらの従来の部品種類数削減方法には,製造原価低減に関する問題点が存在し,その問題点...
本論文は,自動車産業の研究開発効率評価の費用効果分析において,部品種類数に関連する数値の支援的利用を提案し,その可能性をさぐるものである。研究開発管理会計における研究開発効率評価方法の費用効果分析において研究開発費用便益分析手法が存在する。そして,その手法の中で,理論的に適正な方法は利益指数法であるというひとつの結論が存在し,問題点として定性的要件の不足が指摘されている。本論文では,研究開発効率評価における,利益指数法の定性的要件の不足を支援するあらたな分析情報として,自動車産業がもつ製品群の部...
高機能で多様な製品を製品開発し続けることで,企業に大きな負担がかかることは否定できない。そして,その負担を軽減する技術として,製品を構成する部品種類数を削減する方法が存在する。これまでにも,設計部品図管理に優れるModular Design,部品群を生産ライン群と絡めて捉えるVariety Reduction Program,設備投資費の検討も行なうTypen und Teile などがその例として挙げられよう。これらの従来の部品種類数削減方法には,製造原価低減に関する問題点が存在し,その問題点...
本論文は,自動車産業の研究開発効率評価の費用効果分析において,部品種類数に関連する数値の支援的利用を提案し,その可能性をさぐるものである。研究開発管理会計における研究開発効率評価方法の費用効果分析において研究開発費用便益分析手法が存在する。そして,その手法の中で,理論的に適正な方法は利益指数法であるというひとつの結論が存在し,問題点として定性的要件の不足が指摘されている。本論文では,研究開発効率評価における,利益指数法の定性的要件の不足を支援するあらたな分析情報として,自動車産業がもつ製品群の部...