ARTICLES
5 Article(s)
Document(s)
Title
本稿では,自己資本のあり方を中心に,金融機関の経営に対するバーゼルⅢとIFRS の影響を考察した。バーゼルⅢは,国際的に業務展開している銀行の健全性を維持するため,バーゼル委員会が2010年に公表した自己資本規制である。2008年以降の世界的な金融危機を背景に,その規制内容は以前のものと比べ格段に厳しく広範なものとなった。一方,IFRS は国際会計基準審議会が作成する企業会計基準である。多国籍企業の増加や資本移動の自由化等に伴い,高品質の国際基準としての改善が図られた。 これら2つの制度の金融機...
本稿では,自己資本のあり方を中心に,金融機関の経営に対するバーゼルⅢとIFRS の影響を考察した。バーゼルⅢは,国際的に業務展開している銀行の健全性を維持するため,バーゼル委員会が2010年に公表した自己資本規制である。2008年以降の世界的な金融危機を背景に,その規制内容は以前のものと比べ格段に厳しく広範なものとなった。一方,IFRS は国際会計基準審議会が作成する企業会計基準である。多国籍企業の増加や資本移動の自由化等に伴い,高品質の国際基準としての改善が図られた。 これら2つの制度の金融機...
このところの顧客生涯価値をめぐる議論の高まりを背景に, 本稿では, 関係性マーケティングと顧客生涯価値との理論的繋がりについて考察した。顧客生涯価値の構成概念である「顧客維持」や, それに伴う「コスト削減効果」等を成果指標とし, 総じて「リレーションシップの経済的側面の測定」という検証フレームに従うのであれば, 関係性マーケティングから顧客生涯価値に至る必然性は認められる。
本稿では,自己資本のあり方を中心に,金融機関の経営に対するバーゼルⅢとIFRS の影響を考察した。バーゼルⅢは,国際的に業務展開している銀行の健全性を維持するため,バーゼル委員会が2010年に公表した自己資本規制である。2008年以降の世界的な金融危機を背景に,その規制内容は以前のものと比べ格段に厳しく広範なものとなった。一方,IFRS は国際会計基準審議会が作成する企業会計基準である。多国籍企業の増加や資本移動の自由化等に伴い,高品質の国際基準としての改善が図られた。 これら2つの制度の金融機...
このところの顧客生涯価値をめぐる議論の高まりを背景に, 本稿では, 関係性マーケティングと顧客生涯価値との理論的繋がりについて考察した。顧客生涯価値の構成概念である「顧客維持」や, それに伴う「コスト削減効果」等を成果指標とし, 総じて「リレーションシップの経済的側面の測定」という検証フレームに従うのであれば, 関係性マーケティングから顧客生涯価値に至る必然性は認められる。